スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ワシントンDC旅行記:Part2 


お待ちかね(?)前回Part 1からの続編Part 2でござりまする~。

日曜日は常々旦那が行きたいと申しておったNationa Air Space Museum
Steven F. Udvar-Hazy Centerへと行ってまいりました。スミソニアンの
航空宇宙博物館はDCにもあって、住んでいた頃にはDCへ行く度に必ず旦那に
引きずられてそこへ連れて行かされました(^^; そう、何を隠そううちの奴は
子供の時には宇宙飛行士になるのが夢だったくらいの航空宇宙オタクなんです。

今回行ったUdvar-Hazy Centerは我が家がテキサスへ引っ越した後に
ワシントン-ダレス空港近くにオープンしたので二人とも行くのは初めて。
ここもスミソニアン系列なので入場料はもちろん無料(駐車場代は15ドル)

DCの航空博物館にあれだけ足を運んだんだからもういいじゃんって
思うかもしれないけれど、ここにはDCでは見られなかったものがあるから。。。

写真が多いので続きは↓からご覧ください。



P1016697.jpg


そう、スペースシャトルの実物がドカーンと展示されているんです!


P1016672.jpg


これを見るために今回もまた私は引きずられて行ったんですよ~(笑)


P1016662.jpg


私が気に入ったのはこのボーイング社のパンナム旅客機。こんないい味を
出した飛行機に乗って旅行に行けた時代があったんですね~。


P1016727.jpg


↑パンナム旅客機の後ろ姿とその横にあったちっこくて可愛い
赤い飛行機。


P1016703.jpg


おまけにコンコルドも展示してありましたよ~。私たちがDCエリアに住んで
いた当時にはダレス空港からパリ行きのコンコルド直行便が飛んでいたの
ですが、もちろんそんな金はなかったので一度も行けず残念でした(涙)


P1016736.jpg


こちらは日本に原爆を投下した事で悪名高きエノラ・ゲイ号。以前に一時DCの
航空宇宙博物館でも展示されていた事があったんですが、さすがに場所の関係で
その時は前半分のコックピットの部分しか見れなかったんですよね~。


P1016749.jpg


それ以外には↑のブラックバード(戦闘機?)など恐らく百体以上の
様々な飛行機やヘリコプターなどが展示されていました。旦那とは裏腹に
航空宇宙にはほとんど興味のない私も今回ばかりは楽しめました。
まぁ、将来DCへ行った暁にはまた連れて行かれるのは間違いないな(爆)


P1016761.jpg


月曜の帰りがけにレーガン・ナショナル空港で撮った一枚。ここは94年夏に
私が初めてうちの旦那に会いにやってきた時に離着陸した思い出の空港。でも
当時はまだ改装前でもっと古びてアットホームな感じの空港だったんですがね。

帰りのフライトは出発は定刻通りだったにも関わらずダラスの空港が
悪天候で着陸出来ず、何度か上空を旋回した後オースティン空港に
給油のため一時着陸という羽目になりました(><)幸いオースティンは
そんなに忙しい空港ではないようで1時間程度で給油が終わりダラスへ
向けて離陸出来たのですが、これがヒューストンに飛ばされていたら
軽く2時間やそこらはかかっただろうなと思うとゾッとしました。

そしてここまでお付き合いいただいてお気づきになったかと思いますが
私は今回はワシントンDC自体には一歩も足を踏み入れていません(^^;
本当は自然史博物館に行ってホープダイヤモンド(世界最大のブルーの
ダイヤモンド)の展示とかも見たかったんだけど、どっかの誰かさんが
どうしてもスペースシャトルが見たいというので断念しました。
あぁ、私ってなんて旦那思いの優しい妻なんでしょ、オホホホホ~(爆)


航空博物館以外のスミソニアンの博物館へ行ける日は一体いつになる事やら。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ

関連記事
[ 2011/05/03 09:05 ] | TB(0) | CM(10)

おぉ!!
そっかそっか。
博物館に行ったんだね!
我が家はDCのほうの航空博物館は何度か行っているけど
ダレスの近くのはまだ行ったことがないんだよん。
ダレスはちょっとうちから遠くってね。

ホープダイアモンドはね、見なくていい!
悲しくなるだけだから(爆)
他にもキラキラで「だれだれがだれさんに送ったネックレス」とか色々あったけど。
「ふーん」みたいな(笑)
まぁ、でも実際のところきれいだよね、宝石って。


[ 2011/05/03 12:35 ] [ 編集 ]

Erinaさん

えりなさんもDCの航空博物館に何度も行って
いるの?それじゃうちと一緒じゃないの~(爆)
ダレスの方はDCのよりも数倍はいい感じなので
いつか機会があったら是非行ってみてね♪

ホープダイヤモンド見て悲しくなるってのは
小市民で手が届かないからって事かしら?(笑)
でもあそこに展示されてる宝石類ってきっと
私たちには現実味のないものばかりなんでしょうね。

ちなみに博物館の後は近くのアウトレットモールに
行きました。でもWilliams-Sonomaとかで欲しくても
持ち帰れないものばかりで何も買えず終いでした(^^;
[ 2011/05/03 15:14 ] [ 編集 ]

スミソニアン自然史博物館にも行ってみたいけど、航空関係のも見てみたい♪みんな本物!!!本物ぉですよぉ~!!!
飛行機は大好きです!!!
飛行機の整備士になりたかったんです!

遥か昔、アメリカの空母がmidwayだった頃、縁あって
開放日でもないのに、midwayに乗せてもらうことが
できました。空母におさまっている戦闘機が思ったよりも大きくて、驚いたことを今でも覚えてえいます!
なので、航空ショーとか飛行場でのタッチアンドゴーをみるとわくわくするんです!

私のことをべらべらと書いてしまいました(汗)
[ 2011/05/03 21:37 ] [ 編集 ]

ふふふ、旦那様想いの優しい奥様ですね~!
私だったらジョージタウンでショッピングを強行してるでしょうね。(笑)
スミソニアンのなら行った事ありますが、
Nationa Air Space Museum行った事ないです。
うちのダンナもある意味宇宙オタクですよ。
よくSience Channelとか見てますもの~。(笑)
男ってみんなそうなのかしらね?
[ 2011/05/03 22:50 ] [ 編集 ]

セインさん

飛行機の整備士になりたかったんですか~。
そりゃうちの旦那とセインツ以外でも話が
合いそうだわ(笑)私はそれ程興味のある
分野ではないけど航空ショーとかは好きです。

私たちが子供の頃はmidwayでしたよね~。
私は解放日以外の時にindependenceには乗せて
もらった経験がありますが、戦闘機は見せて
もらわなかったな。戦闘機って意外と大きい
んですよね。今回エノラ・ゲイを見て改めて
そう思いました。ちなみにF-14トムキャットも
展示してありましたよ(^^)
[ 2011/05/04 07:10 ] [ 編集 ]

Queen Sashaさん

いや~、実のところ旦那想いというよりは
ただ単に土曜は私のやりたい事を優先して
もらったので日曜は自分の意見を押し通せ
なかっただけというか(笑)でもここは
私もちょっとだけ行ってみたいなと思っては
いたところなのでよかったんですけどね。

Queen Sashaさんの旦那様もやっぱりそういう
とこあります?うちの奴もサイエンスチャンネル
とか好きですよ~。多かれ少なかれ男性という
ものはみんなそんなものなのかもしれませんね。
[ 2011/05/04 07:14 ] [ 編集 ]

すご~い!!
スペースシャトルはちょっと感動物だね。
もう飛ばなくなるんだもんね・・・・
私もオーストラリアの博物館で 日本の神風特攻隊の
飛行機が展示されてた時に 複雑な思いと共に
こんな異国にあるのが不思議だったよ。

どこの国でも男の子は 野球選手やパイロットに
憧れるものなのね。万国共通か~(笑)
[ 2011/05/05 22:43 ] [ 編集 ]

しーぷどっぐさん

うん、やっぱり実物は感動ものですよ~。
このエンタープライズ号はもうちょっとすると
確かニューヨークに移動し、他のスペース
シャトルに入れ替わるらしいです(旦那談)
日本の神風特攻隊関連の飛行機や爆弾などの
展示もありました。そういうのを見ると戦争を
経験せずに育った私たちは改めて幸せなんだな
と時間したよ。

やっぱり男子はどこも一緒なのね(笑)
[ 2011/05/06 07:22 ] [ 編集 ]

うわぁ

これまた懐かしい場所が!
タダでここまで得した感するのはやはり
DCのミュージアムですもんね♪

航空オタクにしては(笑)
まさに夢の空間でありますし・・
お疲れ様でございました。

でも興味無いモノでも楽しめる、、っての分かりますよ!
普段近くで観れないような
鉄の塊には圧倒されますよね。

私のDC時代は遥か昔の91年じゃったので
もーちょっとの差でしたか 笑

もちろんデュレス空港、今みたいに
モダンじゃ無かったですよ。
また懐かしさに萌えさせて頂きました 笑


[ 2011/05/09 08:58 ] [ 編集 ]

じぇにーさん

そうそう、スミソニアン系列のミュージアムは
タダなのがかなり魅力的ですよね。結構有名な
絵画とかも展示してあるし、世の中には莫大な
金額を寄付する人がいるんだなと感心します。。。

旦那はハッキリ言って幼少期に戻ってました(爆)
まぁあれだけ喜ぶのだったら、引きずられて
行った甲斐もあるって事で(^^; 飛行機って
見る度に思うのですが、どうしてあんなにデカイ
鉄の塊が空を飛ぶんでしょうね?

じぇにーさんのDC時代は91年でしたか~。
91年は私が最初に渡米した記念の年ではありますが
行き先はLAでした(ルイジアナじゃない方のLA)
どうやら全然かすってなかったようですね。。。
[ 2011/05/11 11:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mrs67november.blog18.fc2.com/tb.php/510-13ad60a0










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。