スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カルトナージュのお餞別品 


先週の話になりますが、りんご先生からお誘いを受けてカルト
ナージュでお餞別の品を作る会に行って来ました。お引っ越し
されてしまうのは、今夏のレッスンでmargaretさんと私がご一緒
させていただき、短い間のお付き合いながらも色々とお世話に
なったHさん。他に集まったメンバーさんは長いお付き合いを
されてきた方や私と同様にちょっとお付き合いされた方など様々。

カートンの下準備などはすべてりんご先生がしてくださり、お茶を
飲みながら話に弾んでいる私たちの横で会話にもちゃんと参加している
にも関わらずちゃっちゃと手早く箱を組み立てていく先生。。。
みるみる間にハート形の箱が組み立ってさすがは先生です(笑)

布は先生からお願いがあってみんなで持ち寄ったピンク系の花柄を
使い、布を貼る作業をみんなで分担しながら仕上げていきました。
そして完成品はこちら♪


DSCF8508.jpg


ガーリーでとっても可愛らしい箱が仕上がりました*^^*
毎度のごとくカメラを持参しわすれたブロガー失格な私(><)画像はNさんからお借りしました。。。


DSCF8509.jpg


中側もすべて違う布を使っています。こんな風に何種類もの違った布を
しっくりと合わせられてしまうりんご先生のセンスにみんなでただただ
感心するのみ。あまりの可愛さに自分たちも欲しくなってしまったので
近いうちに集まって一緒に作ろうという話になりました(笑)

実のところmargaretさんが本帰国されてしまう時もりんご先生と
一緒にお餞別のフォトフレームを作ったのですが、その時ももちろん
ブロガー失格な私はカメラを持参するのを忘れたので写真なし。。。

受け取る方の好みや雰囲気に合わせた作品が作れるカルトナージュ
って素敵です。更に奥深くハマっていきそうな予感(爆)


最近ブログの更新度が少なくてランキング降下気味の私に愛のワンポチを
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ

関連記事
[ 2010/10/04 08:30 ] | TB(0) | CM(10)

ステキですね~。
ピンクにハート♪ ドつぼでございます~。
布の組み合わせが本当に素晴らしい=。
ハートの形を作るのが大変そうだわ・・・。
ちなみにこの箱はどのくらいの大きさなの?
[ 2010/10/04 20:27 ] [ 編集 ]

Bonnetさん

多分Bonnetさん好みだろうなと思ってました。
これだけ違う種類の布をさらりと組み合わせて
しまうなんてさすがはりんご先生ですよね~。
箱の大きさは15cmくらいかな?りんご先生の
ブログに出ているのと同じ大きさだと思います。
[ 2010/10/04 20:34 ] [ 編集 ]

先生のアイディアがとてもいいですね♡
とても雰囲気良く出来上がっているし。
色を揃えても持ち寄った布によって印象が変わるのでしょうね。
蓋についているタッセルがとっても好きだわ~
タッセル大好き!!
[ 2010/10/05 01:10 ] [ 編集 ]

fragolaさん

みんなで布を持ち寄って共同作業で作品を
作るというアイデアが本当にいいですよね。
今回は温かみのあるピンクで作りましたが
きっとベビーピンク系の布で作ったらまた
雰囲気が全然違うのではないかなと思います。

タッセルが付くとやはり完成度が高くなる
気がします。ヨーロッパだと素敵なのが
たくさん売ってそうですね(^^)
[ 2010/10/05 06:41 ] [ 編集 ]

かわいいですね!カルトナージュで作るこういうラブリィな作品ってホント温かみがあっていいですよねv
ハートのカーブが難しそうだけど、やっぱりコツがあるのかしら。
[ 2010/10/05 09:51 ] [ 編集 ]

素敵ですね!

ハート型に作成するのは大変そうだけれど
みなさんの愛情がたっぷりで色合いもいいですね。

受け取る方にはとても嬉しいプレゼントになること
でしょう。
蓋の裏の布がアンティークぽい絵柄ですね。
何かの物語みたいです。
[ 2010/10/06 04:16 ] [ 編集 ]

ゆんさん

これ可愛いですよね~。
自分の分を作るのが楽しみです(^^)

カーブの部分は布を貼る時に糊しろの
部分に切り込みを入れて貼ります。
ドールを作る時の縫い代の要領と同じ
なのではないかな?
[ 2010/10/06 07:46 ] [ 編集 ]

しーなさん

ちょっぴり乙女チックで素敵ですよね♪

ハート形の箱の作成は先生は手早く作って
おられましたが、恐らく私たちが作成する
場合はそうはいかないと思います(><)

蓋の裏側の布はトワール・ジュイという
種類で、元はフランスのジュイ地方という
ところで作られていたそうです。アンティ
ークのものだと値も張るしコレクターさん
も多いようです。
[ 2010/10/06 07:50 ] [ 編集 ]

毎回思いますけど、本当に素敵です!!
色のバランスとか柄の組み合わせとか・・・
ハート型なのに、「ぴしっ!!」としてて素晴らしい!

相変わらずなんだかよくわかんない品になり、
布がもったいない状態に・・・
まぁ、いろいろと手を出すのがいけないんですが・・・
[ 2010/10/11 19:26 ] [ 編集 ]

セインさん

ありがとうございます。
やっぱり先生のカットした厚紙で作ると
土台の箱がぴしっと綺麗に組み立ちます。
布合わせもさすがは先生って感じです。

何事でもそうですが、カルトナージュも
練習あるのみですよ~。数をこなして
いけばちゃんと仕上がるようになるので
お互いに頑張りましょうね(^^)
[ 2010/10/12 08:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mrs67november.blog18.fc2.com/tb.php/454-b626f858










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。