スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジャズの生い立ち 


ジャズが天国へ旅立ってから一月が過ぎました。ハーシーとベニエは
まだ何となくちょっと寂しそうな感じですが、ポーボーイは相変わらず
ウザイ元気だし、私も旦那も落ち着いてほぼ普通の生活に戻りました。


jazz6.jpg


この一ヶ月ずっと書こうと思っていながらもなかなか重い腰が
上がらなかったジャズの生い立ちを今日は書こうと思います。
↑の写真はジャズがまだ小さな子犬だった頃、旦那の当時の職場の
エアフィールドの横の芝生エリアへよく遊びに連れて行きました。

写真が多いのでここからは続きの方に書きます。




ジャズが我が家にやってきたのは96年の6月下旬、旦那がまだ軍人で
私もほんの数ヶ月間専業主婦をしていた超貧乏な時代でした(笑)


jazz7.jpg


生後2ヶ月位のジャズとまだ20代でピチピチだった若かりし頃の私(^^;


jazz1.jpg


我が家に来た当時はぬいぐるみと大差のない位の大きさでした。
ちなみに背後に写っているのは彼女の大のお気に入りだったボール。


jazz5.jpg


これは私のお気に入りの写真の一枚。確かイリノイのおばあちゃんの
家の庭で撮ったものだと思う。この時ジャズは生後4ヶ月位かな。


jazz4.jpg


これは多分96年の11月頃だからジャズは生後半年位だと思う。
大型犬は半年もすればもうこんなに大きくなってしまうものなんです(><)


jazz2.jpg


そして最初のクリスマス。旦那もまだ若いし細かったな~(爆)


jazz8.jpg


これは恐らく97年の写真。当時はジャズと猫のパンプキンが我が家の
キッズでした。最初はジャズが来た事に猛反発していたパンプキンも
終いにはこうしてお二方でかなり仲良く遊ぶようになりました。


jazz3.jpg


これは確か2004年のバレンタインデー。本当はレストランでディナーの
予約を入れていたのだけど、この大雪で行けなかったのを覚えてます。
この日はジャズとハーシーと一緒に雪合戦をして遊びました。


jazz9.jpg


そしてこれが最後の一枚。ジャズが旅立つ2週間程前にBonnetさんが
ディナーに来た時に撮ってくれたもの。彼女がこの写真を撮っていたのを
すっかり忘れていたので、メールで送って来てくれた時はあまりの
嬉しさに涙が出ました。この日はまだまだ元気で、Bonnetさんに
甘えてたくさん遊んでもらってとっても嬉しそうでした。

ジャズは賢い子でした。私が専業主婦だった事もあり手塩にかけて
育てたのでsit, down, up, shake, house, speakなど色々な
コマンドがちゃんと出来たし、トイレの躾もすぐ覚えました。
BANG!と言って鉄砲を撃つ真似をすると死んだフリさえしたし(笑)

ジャズがやってきた頃はまだまだネットがそれ程普及してなくて、
我が家にもパソコンが存在していなかったシンプルな時代。
なのでジャズを連れてドライブに行ったり、川に泳ぎに行ったり、
犬のイベントに連れて行ったりというのが週末の過ごし方でした。

ジャズの好物はバナナとピーナッツバター。特にバナナは本当に
好きで「バナナ」という言葉を聞いただけで反応してました(笑)

書きたい事はたくさんあるけれど、全部書いたら多分本一冊分位
あると思うので、この辺でやめておきます。。。(^^;


私の愛娘、今頃は天国でグランマに可愛がられているかな。


いや、多分エルビスと一緒にピーナッツバターバナナサンドイッチ食べてると思う
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ

関連記事
[ 2010/07/08 16:58 ] | TB(0) | CM(20)

心の整理も出来たようだね。
見ているとみーちゃんにとっても、ジャズにとっても
お互いが大切な存在だったか良くわかるね・・・

それにしても みーちゃん変わらないね~
この間の久々の再会の時も思ったけど。
[ 2010/07/08 21:55 ] [ 編集 ]

しーぷどっぐさん

ジャズのいない生活にも随分と慣れました。
最後の方は年齢の関係で立場が逆転していた
かもしれないけど、この子はいつになっても
私の可愛い愛娘です(^^)

シワやシミや脂肪は確実に増えてはいるけど
相変わらず丸顔だからそんなに変わらなく
見えるのかもね。本人としては毎日鏡を見る
度に「老けたな~」と思っているんだけど(笑)
[ 2010/07/08 22:19 ] [ 編集 ]

ジャズの生い立ち、拝見しました。
私は動物と一緒に生活したことがないのだけれど、
みーちゃんの文面から彼女は家族の一員でとても愛されていたことが伝わりますね。

いっぱいピーナッツバターサンドイッチを食べてる姿、想像しちゃいました^0^
[ 2010/07/08 23:07 ] [ 編集 ]

沢山の素敵な思い出がありますね~
みーちゃんのアメリカ生活でず~っと一緒だったんですものね・・・
本1冊では済まないのでは?
バナナ好きはエルマーも同じです!
いつもお父さんと1本を分け合って食べているのよ~(笑)
[ 2010/07/09 02:56 ] [ 編集 ]

家族の一員だったってことが伝わってくる写真ですね。
みーちゃんさんの言葉のはしはしから、愛情が
伝わってきました!!
ジャズちゃんも、みーちゃんさんに会えて本当に
幸せだったと思いました~♪

そんな雰囲気の伝わる写真満載でした!!
[ 2010/07/09 06:23 ] [ 編集 ]

ジャズちゃんは新婚当初からの大切な
家族で相棒だったのですね。

このころはニャンコもいたのですね。

お二人に大切に育てられ可愛がられて幸せな
一生だったと思います。

みーちゃんさん変わってないですね~
私は20代のころに比べると体型はかなり
激しく変わってしまいトホホです。
[ 2010/07/09 07:35 ] [ 編集 ]

うさママさん

初コメありがとう♪

あれ?うさママさんって動物飼ってなかった?
キッズに飼いたいってせがまれない?(笑)
子供のいない私たちにとっては犬は子供と
同じ扱いだからね~。本当に家族同然なのよ~。

フフフ、ピーナッツバターサンドイッチは
食べるというよりはきっと丸呑みしてると
思う(爆)大好物だからとちまちま味わう
のはどうやら人間だけらしい。。。
[ 2010/07/09 07:37 ] [ 編集 ]

エルマー・ママさん

私が渡米して1年も経たないうちから一緒に
暮らしてきたので、確かに本一冊くらいじゃ
収まらないかもしれませんね~(笑)猫は
いたけどほぼ一人っ子状態だったから本当に
色んな所へ連れて行きましたよ(^^)

エルマー君もバナナ好きなんですね!
お父さんと分け合って食べてる姿を想像して
しまいました。うちはジャズ以外のキッズは
みんなバナナはそれ程好きじゃないんですよ~。
[ 2010/07/09 07:41 ] [ 編集 ]

セインさん

貧乏どん底生活時代を共にした仲間だから
やっぱりそれだけ愛情も深かったのかなと
思います。彼女無しの過去14年間というのは
想像がつかないですから~。犬キッズから
もらう愛情と幸せは大きいです(^^)
[ 2010/07/09 07:47 ] [ 編集 ]

しーなさん

国際電話料金もまだ高くて日本の家族とも
あまり話せない時代に私の寂しさを癒して
くれました。彼女からもらったたくさんの
愛情の分だけ私も愛情を注いであげれたか
どうかは分かりませんが、きっと我が家で
幸せに暮らしていたとは思います。

私、そんなに変わらないですかね~?
体型は洋服で隠しているだけでかなり肥えて
はいるんですけどね。。。(><)この当時に
はいていたジーンズなんて絶対にはけませんよ。
[ 2010/07/09 07:56 ] [ 編集 ]

心温まるお話をシェアしてくださってどうもありがとうございます。
子犬の頃のジャズちゃんめっちゃ可愛いです~!
ラブの子犬ってどうしてこんなに可愛いんでしょうね!
おっ、猫のパンプキンちゃんも発見!(笑)
Ziggyに似てかわいい茶トラですね!
ジャズちゃんがどれだけ愛されてきたのかが写真からよく伝わってきます。
ジャズちゃんはきっと今頃天国でバナナとピーナッツバターの食べ放題かと・・・(笑)
きっとヨダレ垂らしながらあちらから見守ってくれてますよ!
[ 2010/07/09 10:00 ] [ 編集 ]

Queen Sashaさん

こちらこそ読んでくれてどうもありがとう。
フフフ、ラブラドールの子犬はものすごく
危険な程可愛いんですよ。ジャズもかなり
可愛かったけど、ハーシーは更に可愛くて
これ以上飼わないはずだった犬を増やしたと
いう経緯があるくらいです(爆)

パンプキンはZiggyちゃんのように凛々しい
細面ではなく丸顔のきょとんとした顔を
していましたが可愛かったですよ~(^^)

バナナとピーナッツバターは天国では食べ
放題かもしれませんね。きっとご飯を食べず
そればっか食べてるに違いない(笑)
[ 2010/07/09 18:23 ] [ 編集 ]

ジャズは一緒に歴史を歩んできた家族なんだね。
忘れられないよねぇ。何匹飼っても、、

でも忠告が一つ!犬にピーナッツは絶対ダメなの。
チョコレート・干しブドウ・ピーナッツ・蜂蜜・玉葱。
http://standardpoodle1.sakura.ne.jp/alfa/poodleFamily/xfood.html
ポコにもピーナツバター舐めさせていたんだけど、、
恐ろしくなりました。

ポコはベーコンなんか欲しがるんだけど、騙して
犬用スナックに変えているんだ。お前の為なんだって。
[ 2010/07/09 19:50 ] [ 編集 ]

pocoちゃん

本当にずっと一緒だったからいないのが
不思議な感じです。やっぱ我が家にとって
最初の子だからきっと忘れられないな~。

リンクどうもありがとう。チョコとか
タマネギとかピーマンは知ってたけど、
こんなに駄目な食べ物があったとは知り
ませんでした。まぁうちは人間の食べる
ものはほとんどあげないので大丈夫ですが。。。
[ 2010/07/09 20:45 ] [ 編集 ]

まあ、お2人とも若いわ~。(笑)
アメリカ生活をともにしてきたジャズなので
思い出がたくさんありますね。
パンプキンの後姿も可愛い♪

ジャズは本当に可愛かったよ。
尻尾を振って嬉しそうに寄ってきてくれて・・・。
あー、また涙出てきそう。
写真もっと撮ればよかったなー。
[ 2010/07/09 22:41 ] [ 編集 ]

ジャズちゃん
とっても賢く可愛い子だったんですね・・・
愛情をかけていらっしゃった様子が伝わってきます。
数年前の暑い夏、19年暮らした愛猫が天国へ旅立ちました。
この季節になると目の奥がツンとしてしまう私です。

ソックモンキーの写真~楽しみにしています♪
[ 2010/07/10 01:07 ] [ 編集 ]

Bonnetさん

フフフ、そりゃなんてったって20代の若者
でしたから若かったですよ~(爆)この頃は
食べてもあんまり太らなかったのよね~。
あぁ、そんな時代に戻りたいわ(笑)

本当に写真どうもありがとう!この写真の
おかげでどれだけ気持ちが楽になったか。。。
送ってもらった日からずっとパソコンの
壁紙に設定してます。毎日パソコンをつけると
ジャズの顔が見れてホッとするの。Bonnetさん
はジャズと会ってるからやっぱり辛いよね~。

ニャンコ好きにはパンプキンのこの後ろ姿は
なかなかたまらないものがあるでしょ~?
[ 2010/07/10 08:58 ] [ 編集 ]

chaeさん

親バカ発言でお恥ずかしいのですが、ジャズは
賢い子でした。最後の最後まで優等生ぶりを
発揮してくれたのが本当に切なかったです。

chaeさんは愛猫ちゃんを亡くされたのですか。
19年とはこれまた大往生ですね。それだけ長い
時間を一緒に過ごされたのだから、気持ちの
整理がつくまでにも時間がかかりますよね。
我が家は後3匹いるので、悲しい別れが後3回
来るのかと思うと気が重いです。。。(><)

ソックモンキーの件は了解です。次回の里帰り
の時に時間があれば撮ってくる予定です。
[ 2010/07/10 09:09 ] [ 編集 ]

ジャズの生い立ち読みました。

沢山の素敵な思い出がありますね。
ジャズは、とても幸せ。
素敵な仲間達と、みーちゃんとダーリン。

とても満ち足りた人生だったと思います。

[ 2010/07/11 03:53 ] [ 編集 ]

TINAママさん

この時期になると川に泳ぎに行った事を
思い出します。ジャズは水遊びが好きで
泳ぎも得意だったんですよ~。彼女は
一人っ子の楽しさと兄弟のいる楽しさを
両方味わえて幸せだったと思います(^^)
[ 2010/07/11 13:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mrs67november.blog18.fc2.com/tb.php/420-e83e200a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。